2018年05月25日

今月の受付および診療時間変更のお知らせ(5/25更新)

けがのため、しばらくの間継続中の診療を除く新規の受付をお休みさせていただきます。
電話受付は可能な限り通常通り行う予定ですが、変則的になることが事前に分かる場合都度こちらに掲載いたします。
ご協力お願い申し上げます。

今後の時間変更予定:
5月14日(月):午前診療 午後休診ご協力ありがとうございました。
5月15日(火):休診ご協力ありがとうございました。
5月18日(金):午前休診 午後電話受付ご協力ありがとうございました。
5月25日(金):午前休診 午後電話受付ご協力ありがとうございました。
5月31日(木):休診
6月7日(木):休診
6月8日(金):午前休診 午後電話受付

*初めてのご利用を検討中のかたはこちらもお読みください:閉院準備について

2018年05月22日

争奪戦激化!人口ならぬカメ甲密度低下への道+体重《2018春》@練馬産ホルスフィールドリクガメ+αの身体測定

この春は、長年切望していたホルスフィールドリクガメの生息地を観察してきました。
そのお話ももちろん改めてさせていただきます、が、今回は我が家のホルスたちのこと。
冬眠から目覚めてすぐは暫く寒かったのですが、連休前から急に夏のような気候となった練馬。
P3236405.JPGP3236406.JPG
↑起きてすぐの柚子とその他全員。一人色が違う…?のは、改めて。
実はそのころにメス成体の新入りが一か月の検疫と疾病治療を終えてみんなの仲間入りを果たしていました。
P3246452.JPG
↑みんなと同居を始める一か月前の新人「拳(こぶし)」
突然暑くなったこと、練馬産ホルスたちが着々と大きくなっていること、一頭増えたことが重なったのか、食事の奪い合いが過去になく激化。
特にほかの子がくわえている草は位置的に食べやすく、他にたくさんあってもそれを狙うことは(特にちび個体では)よくあることなのですが、とうとう連休明けに大人も含めて半数近くの子の鼻面に傷が(ぱっと見集団鼻血かと思って青ざめました)。

今までも、食事を複数個所に分けて置いたり、見ている時は激戦区にいる子たちをばらかしてみたり、食欲旺盛な子たちがひとしきり不人気な草を食べ終えてからスローイーターに人気種をあげてみたりといろいろ試し続けていました。でも人が見てなければ、彼らはわざわざ遠方から寄り集まって鼻面を狙い合うような食べ方を好みます。これは野生ではありえないカメ甲密度によるもの。
今シーズンは、これを回避すべく3チームに分けて生活してもらうことを試み始めました。

チーム1:オトナ女子3頭
チーム2:柚子+練馬産ちびから4頭
チーム3:練馬産でかから5頭
割付当初、練馬産最大の金環3号を1に入れてみましたが、さっそく新入りの拳(こぶし)に乗られていたのでチーム3へ。
(これにより、我が家の子たちに見られなかったメスのマウント現象が明らかになりました。)
チーム1のオトナ女子がちょっと小突くだけでちびたちはひっくり返ってしまいますが、これで全員漬物石っぽいので安泰です。
柚子(オス)は自分より明らかに小さい個体には寛大なので、チーム2も平和に食事をとれています。
チーム3も、大きさのばらつきがないので、早食いとスローイーターは混在しているものの、落ち着いて食べています。
どのチームも、たとえ全員が一か所に集結しても最大5鼻。
歩行エリアが狭くなることを懸念しましたが、ずっと同じ環境だと関心が薄れて近場の日向と日陰のみの往復になるところ、時々場所が変わることで嬉しそうに(?)探検するので却ってよい気もしています。
しかも全員驚くほどの方向感覚なので、自分を失うことはありません(皆を探してぐるぐるする私が方向感覚を失います)。

以前は屋外も男子部屋と女子部屋に分かれていましたが、境界が腐敗して通行自由になりました。
なので屋外と屋内2部屋(日のさす時間帯が微妙にずれている)の遊牧生活を送ってもらう予定です。


3チーム生活開始時の体重:
posted by eri at 13:13| 爬虫類たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

患部がコワイだっこちゃん

けがのためお休みをいただいています、ご協力ありがとうございます。
右腕を骨折したのですが、はじめの外固定具はこれ:
P5148626.JPG
手首を含む前腕全周を覆われ、カメの甲羅感を体験、想像以上の「守られてる感」です。
腕の上に寝ちゃっても痺れないし、ついうっかり固いところにぶつけてもビクともしません。
手術後、プレートを入れて安定したので外固定具が小さくなりました:
P5188634.JPG
(写真に撮ると包帯であまり変わらなく見えるけど、腕半周で長さも半分程度のコンパクトサイズ)
だっこちゃんはこれらがコワイみたいで、右手には停まりません。
P5188640.JPG(顎で撮影し、奇跡的にとれた一枚)
ちなみに実家の犬は私が常におもちゃを持っていると思うみたいでとっても関心を寄せます。
posted by eri at 11:37| 鳥たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする